Make your own free website on Tripod.com

 

NEED FOR SPEED 5 PORCHE UNLEACHED (EA)

ニードフォースピード ポルシェアンリーシュト

RATE:秀逸なグラフィック、サウンド。意味不明な操作感覚。

 

情緒あふれる風景がドラマチックに展開するカーレーシングゲーム。5ではさらに風景が緻密になった気がする。どのゲームのグラフィックでもこのくらいのセンスは欲しいものだが、世の中、つくり手もユーザーもセンスのある人間ばかりではない。ゲームのグラフィックなんて、ゲームの絵しか知らないオタどもがつくっているのでろくなものは期待できるはずない。

グラフィックには文句なしだが、どうもこのシリーズの操作感覚には納得いかない。ハンドルの切れ具合が、スピードによって違うのである。ジョイスティックを右に最大に倒すと、前輪は右いっぱいに曲がっていると考えるのが普通であろう。ところがこの当然のことがこのゲームでは歪曲されている。同じ角度だけジョイスティックを倒しても、速度によって前輪の舵角が違うのだ。遅いときは旋回半径が小さく、速いときはいっぱいにジョイスティックを倒しても曲がってくれない。そのかわりスリップもしにくい。これは速度によって舵角を小さくしてスリップしにくくしてあげようという開発側のおせっかいなのかもしれない。だが、この物理法則をまったく無視した余計なシステムは、かえって運動の予測を困難にし、まともな運転ができなくなってしまっている。スピードの速いときにハンドルを切ったら切ったでそのとおりの挙動を再現してやらなければならないのだ。まさかプログラム技術がないからそれができないというわけでもあるまい。

ちなみに、なさけないことに他にも同様のステアリングに納得できない車ゲームはたくさんある。

 

 

Click Here!